飲み会幹事をやったとき、上司に「素晴らしい仕切りだ!」と思われる振る舞い9パターン

歓送迎会、忘年会、新年会といった部署の飲み会で幹事を任されたとき、気になるのが宴会には一家言ある手厳しい上司の存在。そんな上司をもうならせる宴会を催すために、幹事としてやるべきことをご紹介します。

  • 【1】予約の取りづらい話題の店を選ぶ

    「早ければ早いほどいい店が押さえられる」(20代女性)というように、幹事になったらすぐに行動して、上司が喜ぶ旬な店を確保しましょう。口コミサイトや情報誌を活用して店を選んだら、迷わず電話。特に宴会シーズンは、大人数向けの個室などから埋まっていくので、スピードが勝負です。参加者がまだ確定しないときは、店におおまかな人数を伝え、宴会の数日前に再度電話するようにしましょう。
  • 【2】生ビール、焼酎、ワインを含む飲み放題をチョイスする

    「上司はもちろん、みんなのお酒の好みを網羅する」(20代女性)というように、飲み放題メニューの内容を確認しておくことも重要です。生ビールが含まれる飲み放題は意外と少ないので、これだけのバリエーションがあれば、大酒飲みの上司も満足してくれることでしょう。ソフトドリンクやノンアルコールカクテルまで充実していれば、飲めない女子へのフォローもできます。