どう注意したらいいのやら…新人OLの態度に困惑する瞬間9パターン

コピーを留める位置が違うなどの凡ミスは、新人にはよくあることです。それを注意するのも先輩の役目ですが、言い訳や文句を言う新人を前に「こんな時、態度をいさめる一言がサラリと言えたら…」と思う人も多いのでは? そこで今回は『オトメスゴレン』読者の「新人の態度にキレそうになった瞬間」アンケートから、キラリと光る切り返しトークをご紹介します。

  • 【1】「そんなの聞いてません」とシラを切られたとき

    「『ちゃんと説明したでしょ』と諭しても知らん顔。頭にくる」(20代女性)というように、水掛け論をしても感情が高ぶるだけです。こんな時は「わかったわ。今から言うからメモを取ってくれる?」と、次のミスを防ぐための行動を示唆すると、後輩も自分の態度を省みてくれるかもしれません。
  • 【2】「申し訳ありません」の一言が出ないとき

    「反省していないのかと、しつこく怒ってしまう」(30代女性)など、相手から謝罪の言葉がないと怒りが長引くのも当然。でも、注意されたら謝るという社会人の基本的なルールを知らない新人もいます。「こういう場合、まずは『申し訳ありません』。それで済むことだってあるのよ」と教えてあげましょう。