気づくとタメ口になっている後輩の言葉遣いをスマートに正す振る舞い9パターン


質問に「うん」と答えたり、「そっか」と相づちを打ったり…。社会人として適切でない後輩の発言に、悩んでいる教育係も多いようです。そこで『オトメスゴレン』読者に聞いた「私の言葉遣いを直してくれた先輩のアドバイス」をもとに、後輩の誤りを改めさせる方法をご紹介します。

  • 【1】「そんな言葉遣いじゃ、せっかくの美人が台ナシよ」と褒め言葉とブレンドしながら指摘する

    「叱られるだけじゃないなら、頑張って直そうと思う」(20代女性)と、たしなめると同時によい点は褒めるとやる気ダウンが防げ、効果が高まるようです。そして、その場ですかさず正しい言葉遣いを提示するのもポイントだといえるでしょう。