ひとりで昼休みを過ごしたい…ランチの誘いを断る言い訳9パターン

ランチタイムくらいは職場のしがらみから離れて、のんびり過ごしたい。ときには、そんな気分の日もあるものです。そこで『オトメスゴレン』読者のアンケートをもとに、同僚や先輩からランチに誘われたときに、感じよくスマートに断るための言い訳を探ってみました。

  • 【1】「最近、ちょっと太っちゃって」と、ダイエットを理由に断る

    「昼は控えめにしているんですと言えば、それ以上は無理強いしてきません」(20代女性)というように、食事制限はかなり有効な言い訳のようです。のばしのばしにしていたダイエットをスタートさせる、いいきっかけにもなるかもしれません。
  • 【2】「今月、かなりピンチなんで外食は控えてるんです」と、金欠を理由に断る

    「お金使いの荒い同僚や先輩には、これで決まりです」(20代女性)と、節約もできて一石二鳥の言い方です。「今月は結婚式続きでリッチなランチは無理なので、みなさんに気を使わせてしまうと思うんです」とビンボーな理由と気遣いを添えれば、さらに角が立ちにくいでしょう。