義母から「好みじゃない服」を薦められたときの切り抜け方9パターン

  • 【7】「今度チャレンジしてみようかな」と受け流す

    「こういう服にも、そのうち挑戦してみますね」(20代女性)というように、自分のツボではないことを暗に伝えながらも、相手の意見を聞き入れたように思わせる一言です。「もっとやせたら」などと条件を付けると、さらりとかわせるかもしれません。
  • 【8】「私、二の腕が太いから他人から見ると滑稽らしくて」とほかの人の口を借りる

    「『あなたにパフスリーブは無理』って言われたことがあるんです」(20代女性)など、第三者の意見を持ち出す手もあります。「確かに自分でもそう思うんです」と強調すれば、それ以上はすすめにくい雰囲気になるでしょう。