義母から「好みじゃない服」を薦められたときの切り抜け方9パターン

  • 【5】「私にはもったいなくて。もっと安いのにします」と値段を理由にする

    「自分の服に1万円も出せませんよ!」(20代女性)と値段の高さを理由にしてしまえば、義母もそれ以上、深追いできないかもしれません。万が一「じゃあ、私が買ってあげる」と言われたら、「この服に見合う女性になったら、ぜひ」とにこやかに遠慮しましょう。
  • 【6】「同じような服を持ってるんです」と遠回しに断る

    「似た感じの服を買ったばかりで」(20代女性)というように、すでに持っていることを理由にすれば、義母もすんなり引き下がってくれそうです。その上で、「いまはこんなのを探してて…」とさりげなく伝えておくと、義母に好みを覚えてもらえそうです。