義母から「好みじゃない服」を薦められたときの切り抜け方9パターン

  • 【3】「こんな服は好きだけど、私には似合わなくって」としょんぼりして見せる

    「肌が黄色っぽいので、こういう色を着るとくすんで見えちゃうんですよね」(20代女性)などと残念そうに答える手もあります。「似合うと思うわよ」と返されたら、「そう言ってくださるのはお義母さんだけです」と笑ってごまかしましょう。
  • 【4】「私にはうまく着こなせないかも」と自分を下げる

    「自信がなくって」(20代女性)など、自分を卑下することで切り抜ける方法です。ぽっちゃりした人なら「太って見えそうで」、背が低い人なら「背の低さが強調されるかも」など、懸念点を具体的に説明すると、納得してもらえそうです。