義母から「好みじゃない服」を薦められたときの切り抜け方9パターン

義母から「この服、あなたにいいわよ!」とすすめられた服が、自分の趣味に全く合わなかったら、相手の気分を害さずにうまく断りたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「義母から『好みじゃない服』をすすめられたときの切り抜け方」をご紹介します。

  • 【1】「いいですね。でも、私はこっちが気になっているんです」とほかに目を向けさせる

    「素敵な服ですね! でも、これのほうが私らしい気がします」(20代女性)というように、義母のおすすめを肯定しつつ、ほかの服に話を移すパターンです。「さすがセンスがいいですね」など、まず義母をしっかり立てておけば、こちらの話にも耳を傾けてくれそうです。
  • 【2】「私よりお義母さんに似合いますよ」と逆に勧める

    選んだ服は義母自身も好みである可能性が高いので、「わあ、お義母さんにぴったりですね」(30代女性)と反対にすすめてしまうのもいいでしょう。「とってもいい感じですよ!」と大げさに褒めて、矛先を完全に変えてしまいましょう。