クタクタに疲れて帰宅したとき、心癒される妻の出迎え9パターン

  • 【6】「ご主人さま、お帰りなさいませ」と正座して非日常を演出する

    「どうやって笑わせるか、いつも考えている私は変!?」(30代女性)というように、ちょっとおどけて、仕事モードから一気に解放してあげることもできそうです。ただし、悪ふざけが過ぎると、余計に疲れさせてしまいそうなので、夫の性格や状況をよく考えてから実行しましょう。