いまのうちに夫と話し合っておきたい「義父母が老いたときの心配事」9パターン

今は夫婦の生活を満喫していても、将来、義父母が年を取り、介護が必要になったら、状況は一変するはず。のんきに構える夫をたきつけて、義父母が元気な今のうちに、いろいろと話し合っておきたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「いまのうちに夫と話し合っておきたい『義父母が老いたときの心配事』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】不便な田舎暮らしを余儀なくされそうな「Uターンの可能性」

    「『ネット環境さえ整わない田舎なら、仕事も怪しいよね』と突然のUターンの危険性を力説」(30代女性)というように、夫の故郷に戻る必要があるなら、早い段階から念頭に置いて準備を進める必要があるでしょう。「無職で家族を養えるの?」など、夫に危機感を抱いてもらったほうがよさそうです。
  • 【2】きっと気苦労の耐えない「義父母との同居」

    「『一緒に住むなら二世帯じゃないと無理!』と最低限の条件を提示」(30代女性)というように、同居しても良好な関係を保つためには、住まい方にも配慮を重ねたほうがいいでしょう。お互いのストレスも考えて「近居」にするなど、資金面も含めて、いろいろなパターンを検討しておきましょう。