「同居の嫁」が心おきなく休日を楽しむための工夫9パターン

  • 【8】平日に家事を頑張って「日曜は休みます!」と宣言してしまう

    「やるべきことはやったという自信があれば、姑たちの視線も気になりません」(30代女性)というように、堂々と休養を申し出る人もいます。「何か御用はありますか?」と声をかけるなど、日ごろから積極的に働く嫁の姿をアピールしていれば「週末くらいゆっくりしたいわよね」と、姑公認の休日が認められそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)