「子どもの騒音」でご近所とトラブらないための一言9パターン

子どもの元気な声は、他人にとっては「騒音」となることも。では、ご近所さんにも広い心で子どもたちを見守ってもらうためには、どのように接したらよいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『子どもの騒音』でご近所とトラブらないための一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ご迷惑おかけしてないですか?」と自分から聞く

    「日ごろから、『うるさくないですか?』と確認しています」(20代女性)というように、「気にかけている」という印象を与えるだけでも、ご近所さんの気持ちはずいぶん和らぐでしょう。「遠慮なく言ってくださいね」と先に伝えておけば、相手の不満が爆発することもなさそうです。