「子どもにお菓子をあげすぎないで」と姑に釘を刺す伝え方9パターン

  • 【9】「食育を実践したいので、私のやり方を見守ってくださいませんか」と低姿勢でお願いする

    「おやつはできるだけ手作りしたいと意欲を見せる」(20代女性)というように、「食」に関して並々ならぬ情熱を注いでいることを示せば、姑も納得してくれるかもしれません。「私も勉強しているところです」と謙虚な姿勢を見せつつ、協力を仰ぎましょう。

ほかにも、姑にうまく釘を刺せる伝え方があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock