「子どもにお菓子をあげすぎないで」と姑に釘を刺す伝え方9パターン

  • 【5】「ごめんなさい、添加物が気になるんです」と快く思っていないことを打ち明ける

    「恐ろしい病気を招く添加物もあるらしいから」(30代女性)というように、身体へのダメージを心配するのも一つの手です。姑にきちんと説明できるように、少しでも知識を身につけておいたほうがいいでしょう。
  • 【6】「好きなものを際限なく与えると、我慢できない子になりそう」としつけの観点から問題視する

    「実際にわがままな子になるかも」(20代女性)というように、子どもの性格に悪影響を及ぼしそうだと伝えるのもいいでしょう。「すぐキレる子どもになったら、困りますよね」などと心配をあおりつつ、姑の意見を聞いてみるのもいいかもしれません。