「もっと育児の勉強をしなきゃ」と夫に危機感を抱かせる方法9パターン

  • 【7】「今、手が離せないからお願い!」とオムツ替えや食事の世話などの機会を増やす

    「『おしりがカブレちゃうから早く脱がせてやって!』と、とにかく夫をあおる!」(20代女性)というように、ことあるごとに夫を巻き込めば、必要に駆られて育児を学んでくれそうです。「離乳食を与える」といった初期段階をクリアしたら、次は「離乳食の調理」など、より高度なことをお願いしてみましょう。