「もっと育児の勉強をしなきゃ」と夫に危機感を抱かせる方法9パターン

  • 【4】「離乳食で悩んでるんだけど…」と相談して、一緒に勉強してもらう

    「『なかなか寝返りしないけど、何か異常とかないよね?』と話したら、親身になって調べてくれました」(20代女性)というように、子どもを心配な気持ちを共有できれば、夫も真剣になってくれるでしょう。いろいろ相談していたら、いつの間にか二人で勉強できているかもしれません。