「もっと育児の勉強をしなきゃ」と夫に危機感を抱かせる方法9パターン

子どもが生まれて幸せだけど、当事者意識に欠ける夫の行動にイラッとすることもしばしば。そんな夫を、「自分から育児を勉強したくなる」ように仕向けるにはどうしたらいいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『もっと育児の勉強をしなきゃ』と夫に危機感を抱かせる方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「パパ用の抱っこ紐も買っちゃおうか?」などと、雑誌を見せながら提案する

    「『寝かしつけがうまいパパってママ界では尊敬されるらしいよ』と、雑誌から得た情報をさりげなくインプットさせます」(20代女性)というように、育児情報に対する免疫をつけていくやり方です。夫が面倒臭がってもあきらめず、楽しいことに誘う口調で声をかけるようにしましょう。