「お前は教育熱心すぎる」と冷ややかな目を向ける夫のかわし方9パターン

  • 【7】「私たちの小さなころとは違うから」とイマドキの事情を説明する

    「『ピアノに英会話に通信教育…。お友達はもっと掛け持ちしてるよ』と明かす」(30代女性)など、習い事のひとつやふたつで驚いている場合じゃないと思わせてしまうのもいいでしょう。「あなたの気持ちもわかるけど…」と相手に寄り添うスタンスで話を向けると、夫も受け入れやすくなりそうです。
  • 【8】「勉強ができて、ソンすることはないよ」と開き直る

    「『できない子より、できる子になってもらいたいでしょ?』とストレートに切り込んだ」(20代女性)というように、真っ向から正論で臨めば、夫も反論しにくくなりそうです。「将来の選択肢も広がるし…」と明るく笑顔で言い放ち、話を切り上げてしまいましょう。