「お前は教育熱心すぎる」と冷ややかな目を向ける夫のかわし方9パターン

  • 【3】「あとで後悔しても遅いんだよ」と危機感をあおる

    「『したいことも、できることもわからない大人になったら、どうするの?』と脅したら、『確かに特技はあったほうがいいな』と音楽教室への入会に同意してくれた」(20代女性)というように、親としての責任を自覚してもらうのもいいでしょう。熱くなりすぎるタイプの夫には、「たとえモノにならなくても、無駄な経験にはならないよ」などと、釘を刺すのも忘れずに。
  • 【4】「小さいうちの経験が重要らしいよ」と専門家の言葉を借りる

    「『ひとつの道を究めることで、心が育つって聞いたことがあるよ』と、誰かの受け売りで説得」(30代女性)というように、自分の意見としてではなく、一般論や有名人の発言を引く形で、夫を納得させる方法です。実際に雑誌や新聞記事などを見せることができれば、説得力が増すでしょう。