ありがちだからこそ気をつけたい「彼氏とのケンカの種」9パターン

友達のカップルがケンカした理由を聞かされて、内心「ベタだなー…(笑)」と思ったことはありませんか? 人のフリ見て我がフリを直すつもりで、ありきたりな理由で彼氏とモメるのを避けられる女性になりたいものです。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「ありがちだからこそ気をつけたい『彼氏とのケンカの種』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「言った」「言わない」と、認識がすれ違ったとき

    「ムキになって反論されると腹が立つ」(10代男性)など、お互いの主張を認めないことがケンカの原因になるようです。細かいことで認識がすれ違ったときは、大人になって先に謝るなど、言い争いに発展する前に火種を消したいところです。