LINEが苦手な男性に喜ばれるアプローチ9パターン

  • 【9】趣味などのこだわりについて質問する。

    「自分が興味を持っていることなら話しやすい」(20代男性)など、LINEの返事に悩むようなタイプの男性ほど、話しやすいテーマだとおしゃべりになることもあるようです。相手が機嫌良く説明してくれるようなら、具体的な細かい内容まで掘り下げて聞いてみましょう。

他にも「LINEが苦手な男性に喜ばれるアプローチ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock