男性とのカラオケデートでの失敗体験9パターン

  • 【7】「これ歌って!」とお願いしたにもかかわらず、途中からもう一本のマイクで自分が歌い、彼にムッとされた。

    「彼の歌が下手だと指摘したような感じに見えたようで、プライドを傷つけてしまった…」(20代女性)と、歌っているのをジャマすると嫌な気分にさせるようです。「歌って」とお願いをするよりも、「この曲好きなんだけど、一緒に歌おう」と誘うと、さらに仲を深めるきっかけになるかもしれません。
  • 【8】自分が歌いたい曲を次から次へと入れてしまい、自己チューな女だと思われた。

    「自分が歌いたい曲をひたすら入れていたら、『オレ、まだ1曲も入れてない』とボソッと言われた」(10代女性)と、男性をガッカリさせてしまうようです。曲を入力する場合は、彼が入れたのを確認して、1曲ずつ交互に入れると気配りができる女性だと思われるでしょう。