失恋した女性の「病んでる」アピールがうっとうしいと感じる瞬間9パターン


失恋した後は、誰しも少なからず気持ちがブルーになるものです。しかし、いつまでも悲劇のヒロインを演じていると、巻き込まれた観衆はゲンナリしていき…。結果的に女性としての評価が下がってしまうかもしれません。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「失恋した女性の『病んでる』アピールがうっとうしいと感じる瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】周囲に聞こえるように、わざとらしく大きなため息をついてるとき

    「周囲に『心配させようとしている』ように見えてしまう」(20代男性)と、大きなため息は「演出」だと思われるリスクがあります。ため息は教室やオフィスではできる限りこらえて、信頼できる友人の前で吐き出すようにしましょう。