彼氏が「とても許せない!」と感じる冗談9パターン


恋人同士であれば、気安く冗談を言い合えるような関係になるのは素晴らしいことです。しかし、相手を怒らせるような「笑えない冗談」は困りもの。知らぬ間に地雷を踏むことのないように配慮するべきでしょう。そこで今回は、スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「彼氏が『とても許せない!』と感じる冗談9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ハゲたら別れるからね☆」と薄毛をからかう。

    「男がうっすら感じている恐怖を分かってなさすぎる!」(20代男性)など、男性の頭髪に関する繊細な心理を逆なでするパターンです。本人にはどうにもならない不安を刺激するため、思いやりのない一言といえるでしょう。

  • 【2】「あなたのこと飽きちゃった☆」と別れ話をネタにする。

    「冗談でも言っていいことと悪いことがある」(20代男性)という意見のように、彼氏に向かって「別れ」をネタにすると、本気で怒らせる可能性があります。付き合いが長いほどリアリティーが出て、深刻なケンカになりそうです。

  • 【3】都合が悪いことを「器ちっちゃいね?」と彼氏の器のせいにする。

    「都合が悪いことを男の器のせいにされると、なおさら腹が立つ」(30代男性)など、厳密に計りようのない「器」を持ち出すと、プライドが傷つけられる男性は多いようです。自分が悪いときには、彼氏に責任を押し付けることなく、素直に反省したいものです。

  • 【4】「どうせ、いつか別れるじゃん」となげやりな冗談をいう。

    「そんないい加減な気持ちで付き合うなら、さっさと別れた方がまし」(10代男性)など、真剣に恋愛をしている男性に対しては、一気に別れ話にまで発展しそうな一言です。冗談のつもりでも、これをキッカケに本当に別れてしまう状況になりかねないでしょう。

  • 【5】「○○君と付き合えばよかったな?」と別の男性を引き合いに出す。

    「本気でイラッとする。具体的な名前が出るのは、それなりに意識している証拠」(10代男性)など、彼氏と別の男性を比較するような発言は、信頼関係にヒビが入る原因になりそうです。逆の立場になった場合を想像してみれば、どれほどショックな言葉か実感できるのではないでしょうか。

  • 【6】「やっぱ世の中お金でしょ!」とがめついキャラを出す。

    「そんな価値観の相手と付き合いたくない」(30代男性)など、経済力の重要性を露骨に強調することで、男性に悪い印象を与えるようです。特に彼氏の収入が少ない場合は、直接的な不満と受け取られる可能性があります。

  • 【7】「浮気しちゃおっかな?」と浮気をほのめかす。

    「冗談でもそういうセリフが出る時点で、好きな気持ちが薄れてる」(20代男性)など、彼氏を最悪な形で裏切る「浮気」は最強のNGワードです。「だったら俺も!」と彼氏が対抗心から浮気を考えるケースもありえそうです。

  • 【8】「もっといい人いないかな?」と別の男性を探すフリをする。

    「いるかもしれないから、非常にショックを受ける」(20代男性)という意見のように、男性に不安を感じさせ、自信を失わせる恐れがあります。反対に彼氏をどんどん褒めて自信をつけさせれば、お互いにとってよい関係性を作れるでしょう。

  • 【9】「実は私、別の彼氏がいるの…」などと嘘をつく。

    「一瞬でも強烈にショックを受ける。人の心で遊ばないでほしい」(20代男性)など、意味のない嘘は想像以上の破壊力を持つようです。同じ嘘なら、「実は私、宇宙人なの…」など、相手が愉快な気持ちになる嘘をつくべきでしょう。

ほかにも、「彼氏が『とても許せない!』と感じる冗談」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock