お酒を勧められたときのかわいい断り文句9パターン

転職や進学などで新しい環境に飛び込むと、出会いも増え、飲み会に誘われる機会も増えるでしょう。でも、あまりお酒が強くない女性は、男性からお酒を勧められて困ることもあるのでは? そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「お酒を勧められたときのかわいい断り文句」を探ります。

  • 【1】「お酒弱くて…」と赤い顔で素直に言う。

    「かわいく言われると、かわいそうになる」(20代男性)というように、顔を赤くした女性に強くお酒を勧めることができる男性は少ないよう。お酒を控えているわけではなく本当に弱いということを、言葉と顔色で伝えるといいでしょう。
  • 【2】「今日は楽しくて飲みすぎちゃった」とやんわり断る。

    「楽しんでいるなら、それ以上飲まなくてもいいかも」(20代男性)というご意見多数。多くの男性は女性に楽しんでもらうためにお酒を勧めるので、「今の状態で十分楽しい」ということが伝われば、さらに勧められるケースは少ないよう。強引な勧めに対しては「これ以上飲んだら楽しめない」と言ってもいいかもしれません。