「会いたい」と言われて男性のテンションが上がる状況9パターン

女性から「会いたい」と連絡がきた場合、それが友達としてか、恋愛対象としてなのかによって、男性側のテンションは大いに変わってきます。男性が恋愛のムードを感じ取るのはいったいどのようなシーンなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『会いたい』と言われて男性のテンションが上がる状況」をご紹介します。

  • 【1】ランチタイムに「今晩、ご飯食べに行かない?」と突然誘われる

    「お昼に声を掛けてもらえれば、残業を翌日にずらしたり、なんとか夜を空けられることが多い」(20代男性)というように、突然の誘いであっても予定が調整可能なタイミングであれば、男性もテンションが上がるようです。特に平日であれば歓迎されるでしょう。
  • 【2】深夜0時過ぎにLINEで一文だけ「会いたい」と送られてくる

    「わざわざ夜に来る連絡は大切な用事がありそう」(10代男性)というように、深夜0時過ぎの連絡は男性に「特別な何か」を予感させるようです。多くを語らず、あえて「会いたい」と4文字で伝えると、ドラマチックな雰囲気を演出できるでしょう。