「都会の女は凄いな」と、軽く引いた瞬間9パターン

進学や就職を機に地方から都心に引っ越してきたばかりの男性は、いわゆる「都会の女」との価値観の違いにショックを受けることがあるようです。ささいなことでも「合わない」と思われると、なかなか恋愛関係には発展しにくいものです。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「『都会の女は凄いな』と軽く引いた瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】気軽なボディータッチなど、異性に対するノリが良いとき

    「男慣れしてると思うから」(10代男性)など、洗練された「軽いノリ」に不信感を抱くようです。控えめな男性にはおしとやかなキャラで接するなど、相手の雰囲気に合わせてコミュニケーションの強弱を変えると良いでしょう。
  • 【2】近距離でタクシーに乗るなど、金遣いが荒いとき

    「普通に歩いて行けるのに、タクシーを使うのはありえない!」(20代男性)など、贅沢なお金の使い方に違和感を持つようです。「待ち合わせに遅れそうだから」と言うなど、自分なりに「ムダ遣いではない」ことをアピールしておきたいところです。