忘れられない「卒業シーズンの別れ」8パターン

  • 【7】夢をかなえるために仕方なく「別れ」を選択した。

    「上京する駅のホームで『おまえなんかいなくても寂しくないから、とっとと行っちまえ』と、泣きながら彼が背中を押してくれた」(20代女性)など、前向きな選択として「別れ」を余儀なくされる場合は、その心中の複雑さゆえに、いつまでも余韻が消えないものと思われます。