忘れられない「卒業シーズンの別れ」8パターン

  • 【4】意を決して告白したら、思いっきり振られた。

    「ずっと好きだった先輩に、桜の舞い散る下で『好きです!』と言ったら、即座に『ごめん!』と振られた。映画みたいな景色のなかにいるのに、悲しかった」(20代女性)というように、「卒業式」が舞台なら、振られたことさえドラマチックな記憶になるのが不思議です。