卒業後の進路が決まっていない男子を励ます一言8パターン

  • 【5】「わたしも○○をがんばるから、いっしょにがんばろう!」と、同じ目線に立って励ます。

    「『実はわたしも○○に挑戦中なんだー。いっしょにがんばろうね!』と言われたときは、就活にメゲそうになっていたので、ホロッときた」(20代男性)など、「いっしょに」というスタンスを強調したメッセージは、弱っている男性の活力をよみがえらせる効果が高そうです。
  • 【6】「わたしが企業なら絶対採用するのに!」と、本人の可能性を信じて応援する。

    あまりにも落ち込んでいる人や、プライドの高い男性には、「『わたしが人事担当者なら絶対採用するのに!』と怒ってくれて、嘘でもありがたいと思った」(20代男性)というように、本人の立場を尊重したトークのほうが受け入れられやすいかもしません。