卒業後の進路が決まっていない男子を励ます一言8パターン

  • 【3】「息抜きに出かけようか?」と、誘いの声をかける。

    「『息抜きにどっか行こ!』と明るく誘ってくれた女の子が天使に見えた」(10代男性)、「凹んでいたら『とりあえず今日は飲もう!』と朝まで付き合ってくれた」(20代男性)というように、リフレッシュするために連れ出してあげるのも、場合によっては有効だと思われます。
  • 【4】「焦ることないと思うよ!」と、静かに見守る。

    「『自分らしい道をじっくり探せばいいじゃん』と言われて泣きそうになった」(10代男性)、「『焦ることないと思うよ』と慰められてホッとした」(10代男性)というように、やみくもに奮起させようとするのではなく、そっと静かに見守るのもひとつのやさしさでしょう。