男性に「さすがにそれはないだろ!」と思われてしまうデートの断り文句8パターン

デートの誘いを断わるとき、角が立たないように伝えたつもりでも、男性に不愉快な思いをさせていたとしたら、その後の関係に悪影響を及ぼしかねません。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者から寄せられた「『さすがにそれはないだろ!』と思ったデートの断り文句」をまとめてご紹介します。

  • 【1】「男の人とのデートは禁じられているの」と、家のルールを言い訳にする。

    家庭の決まりごとを楯にすれば話が通じそうなものですが、「だったら元カレとはどうしていたんだ!」(10代男性)、「でも、ひとり暮らしでしょ?」(20代男性)というように、身辺の状況がある程度伝わっている男性には、無理があると思われても仕方がありません。