男性がドン引きするバレンタインチョコレート9パターン

  • 【5】義理チョコに流用された「失敗作のチョコ」

    「義理と分かっていても、負け犬みたいな気分になる。」(20代男性)のように、成功作の本命チョコは他の誰かに渡しているところを想像すると、そのお下がりをもらっている気分になり、嫌なようです。失敗作は渡さないか、「失敗作」だと言わずに渡すのがエチケットなのかもしれません。