男性がドン引きするバレンタインチョコレート9パターン

せっかくチョコを渡しても、そのせいで男性にガッカリされては意味がありません。そこで今回は、スゴレンの男性読者のみなさんに、過去にもらってドン引きしたチョコについて聞いてみました。

  • 【1】賞味期限がすぐに切れそうな「チョコ」

    「義理中の義理って感じ…。」(20代男性)のように、賞味期限ギリギリのチョコやすでに賞味期限が過ぎているチョコをもらい、「僕は本当にどうでもいい相手なんだな」とガッカリする男性もいます。義理チョコであっても、賞味期限はしっかり確認しましょう。
  • 【2】ひとりでは食べきれない量の「ホールのチョコレートケーキ」

    「食事した後、『残さず食べてね』と言われて…。」(30代男性)のように、ホールケーキのような大きなお菓子をもらって困ってしまった男性もいます。ただし、一緒に食べるのであれば、二人の距離を縮めてくれるかもしれません。