彼氏に「隠し事をしている!」と疑われる言動9パターン


恋愛においては、すべての出来事を彼氏に打ち明けることが正しいとは限りません。しかし、下手に隠すと彼氏に誤解を与えてしまうことも。痛くもない腹を探られるハメになりかねません。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行った調査の結果を参考にして、「彼氏に『隠し事をしている!』と疑われる言動9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「ちょっと予定があって」と、あいまいな理由でデートを断ったとき

    「合コンでも行くのか?と疑いたくなる」(20代男性)と、予定の内容を隠しているように思われるリスクがあります。「急な仕事が入ったから」、「友達と遊ぶの」など、デートを断るときは理由を具体的に言った方が良いでしょう。

  • 【2】「忘れちゃったニャン!」と、カワイイ仕草で質問をごまかしたとき

    「何かをごまかそうとしていると感じる」(20代男性)と、めったにやらないブリっ子のせいで隠し事を疑われることもあるようです。急にキャラを変えるとムダに怪しまれるので、普段通りの態度を心がけた方が良いでしょう。

  • 【3】「今日は送ってくれなくていいよ」と、デートの帰りに言ったとき

    「デートの後に別の予定を入れられているのかと思う」(10代男性)と、浮気を疑われることもあるようです。やみくもに拒むと怪しまれるので、「帰りにスーパーに寄るから」など、理由をつけて断りましょう。

  • 【4】ケータイの画面がこちらに見えないようにしてメールを打っているとき

    「プライバシーとはいえ、隠されると気分が悪い」(10代男性)と、ケータイの画面を隠す行為に敏感な男性も多いようです。メールの内容を見られたくないときは、彼氏がいないときにケータイを操作した方が良いでしょう。

  • 【5】ケータイにロックをかけているとき

    「重大な秘密が入ってるのかと思う」(20代男性)など、自分の前でケータイにロックをかけられると疑心暗鬼になる男性もいるようです。できる限り、彼氏の前ではケータイを出さずにバッグにしまっておきましょう。

  • 【6】トイレにケータイを持っていくとき

    「わざわざトイレに持っていくのは怪しすぎる」(10代男性)など、個室に隠れてメールや電話をすると思われるようです。「仕事の電話がかかってきそうだから」と言うなど、トイレにケータイを持っていくときは、何らかのフォローを入れた方が良いでしょう。

  • 【7】「昨日、何してたの?」と聞いても、目を合わせて答えないとき

    「目を合わせないのは、嘘をついているサイン」(20代男性)など、会話中の視線でプロファイリングする男性もいるようです。キョロキョロしているだけで「目が泳いでいる」と思われることもあるので、質問されたときは相手の目を見て答えましょう。

  • 【8】何の前触れもなく、服の趣味や髪形が著しく変わったとき

    「他の男に影響されているのでは?と疑いたくなる」(30代男性)など、容姿を大胆に変えることに対して疑いの感情を抱く男性もいるようです。彼氏に相談・予告してから実行した方が、容姿のイメージチェンジは好意的に受け入れてもらえるはずです。

  • 【9】休日なのに、メールや電話のリアクションが長時間返ってこないとき

    「理由もわからずに連絡が取れなくなると不安になる」(10代男性)など、彼氏を混乱させてしまう恐れがあるようです。休日に彼氏と会わない日は、「友達と映画を観に行く」など、連絡しにくいことを告げておくと良いでしょう。

他には、どんな瞬間に彼氏に「隠し事をしているな!」と思われるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)