彼女からの着信を折り返さない彼氏の本音9パターン


ケータイに着信が残っているハズなのに折り返しの連絡がないと、誰しも不安になってしまうものです。とはいえ、連絡をしない男性には、それ相応の理由があるようです。そこで今回は、「彼女からの着信を折り返さない彼氏の本音9パターン」をご紹介します。

  • 【1】単純に折り返して電話することを忘れていたから

    「着信時に電車内やトイレにいて出られず、そのまま折り返すのを忘れることは多い」(30代男性)というように、理由があって電話に出られず、何の悪意もなく折り返さないパターンは決して少なくないようです。

  • 【2】疲れていて、話し相手をしたくないから

    彼女の話に付き合うことに、精神的疲労を覚える男性もいるようです。「大事な用があるなら、メールも送ってほしい」(20代男性)という意見があるので、彼氏が疲れていると分かっているときは、メールなど別の連絡方法を考えた方がよさそうです。

  • 【3】面倒だと感じているから

    電話の理由が「買い物のお願い」や「行動、予定の確認」だと、電話に出て対応するのを面倒と思われる可能性が高そうです。特に「何回も着信履歴があったら本当に面倒に感じる」(20代男性)という声もあるので、注意しましょう。

  • 【4】電池の残量がほとんどないから

    物理的に電話をかけられないケースもあるようです。彼女の番号を暗記していれば公衆電話からかけることもできますが、そのような男性ばかりではありません。彼氏が営業職など携帯電話をよく使う仕事であれば、このような可能性も考えておきましょう。

  • 【5】彼女のグチを聞かされることが目に見えているから

    「グチを聞くのはいいけど、その不満を解決する方法など、建設的な話をしたい」(20代男性)というように、ただグチを聞かされることにうんざりしている男性もいるようです。グチを言う場合は改善策などの助言も素直に聞く、前向きな姿勢を忘れないようにしましょう。

  • 【6】実はその場に他の女性がいたから

    「なんでも束縛しないで欲しい」(20代男性)という声があるように、女友達などと遊ぶことに厳しいことが、彼女からの電話に出ない理由というケースもあるようです。彼氏が女友達や女性の同僚と一緒にいることくらいは受け入れるという寛容さは必要かもしれません。

  • 【7】怒っていることをアピールしたいから

    普段、どんな場合も電話を折り返す彼氏からリアクションがなかった場合は、怒っている可能性が高そうです。この場合、メールを送るのが一番。心当たりがありそうなことを思い出し、「あの件では迷惑かけてゴメン…」など、最初から謝るスタンスのメールを送った方がいいでしょう。

  • 【8】仕事が忙しく電話をする時間すらなかったから

    「仕事が深夜になり、彼女が寝ていそうな時は電話を折り返さないし、メールもしない」(30代男性)というように、男性側の配慮であえて連絡しないケースもあるようです。いつでもいいから連絡が欲しいという人は、あらかじめ彼氏にそれを伝えておいた方がよさそうです。

  • 【9】すでに心が離れているから

    「心が離れると電話が面倒に感じる。」(20代男性)など、彼女に対し気持ちが薄くなっていると、電話に出る気が起きなくなるようです。このような状況を打開するには、直接会って関係を修復するしかないようです。

彼女からの電話を負担に感じ、折り返さないケースが多いようなので、心当たりのある方は注意しておいたほうがいいかもしれません。この他の理由で、彼氏から折り返しの電話が来なかった経験のある方はいらっしゃいますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock