男性が女友達に対して胸キュンする瞬間9パターン


好きな人からは「恋愛対象の女性」として見てもらいたいものです。いつまでも「ただの女友達」のままでは、よほどの幸運が起こらないと恋心は報われないもの。そこで今回は、「スゴレン」の男性読者に行った調査の結果を参考にして「男性が女友達に対して胸キュンする瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】一緒に飲みにいって、話が盛り上がったとき

    「コイツと付き合ったら楽しそうだと思う」(20代男性)など、一緒に酔っぱらって盛り上がれる女友達に急激に親しみを感じることがあるようです。男友達と飲みに行くときは、気取らずに本音で話し合うことを意識した方が良いでしょう。

  • 【2】女友達から「カッコイイね」などと褒められたとき

    「相手から異性として見られていると思うと、ドキッとする」(10代男性)と、自分のことを褒めてくれた女友達のことが魅力的に見えてしまう男性もいるようです。「やさしいね!」など、言いやすい褒め言葉は積極的に口にしたいところです。

  • 【3】胸の谷間がチラッと見えたとき

    「オンナを意識せずにはいられない」(20代男性)など、チラリズムをきっかけに胸キュンしてしまうこともあるようです。ときにはセクシーさを意識したファッションで出かければ、男友達に異性であることを再認識させることができるでしょう。

  • 【4】教室や職場で急に二人きりになったとき

    「妙に意識してしまうから」(10代男性)など、女友達と二人きりになると心拍数が上がる男性もいるようです。チャンス到来とばかりに自分から積極的に話しかければ、好きな人と急激に仲良くなれるかもしれません。

  • 【5】仕事中やバイト中などの共同作業中に、不意に顔が近付いたとき

    「相手とのキスを連想してしまう」(20代男性)など、至近距離で顔を見た女友達に胸キュンしてしまう男性もいるようです。このシチュエーションの後は、あえて自分からデートに誘ってみるとスムーズに話がまとまるかもしれません。

  • 【6】恋愛トークをしている途中で、急に泣き出したとき

    「弱い面を見せられると、守ってあげたくなるから」(20代男性)など、泣いている女友達を見て胸が締め付けられる男性もいるようです。たとえ明らかに演技で泣いていたとしても、「女の涙」を無条件に大切に扱う男性がいるということを覚えておきたいところです。

  • 【7】ハートマークの絵文字がたくさん入ったメールが送られてきたとき

    「女の子っぽいな?と思う」(10代男性)など、メールにハートマークを使う女ゴコロに胸キュンする男性もいるようです。普段はそっけないメールを打つタイプの女性でも、相手の誕生日など「ここぞ!」というときはあえてハートマークを使ってみてはいかがでしょう。

  • 【8】虫を怖がっているとき

    「怖がっている顔に惚れる」(20代男性)など、虫に怯える女性に胸キュンする男性もいるようです。普段は見せない一面を見せることがポイントなので、何らかのアクシデントが起きたときは恋のチャンスだという意識を持つと良いでしょう。

  • 【9】すれ違った瞬間に、イイ香りがしたとき

    「イイ香りがすると、なぜか強く印象に残る」(10代男性)など、シャンプーや香水の香りがしただけで、一瞬で女友達の見方を変える男性もいるようです。攻撃力が強いだけに、香りがキツくなりすぎないように注意したいところです。

他には、どんな瞬間にただの女友達に胸キュンしてしまうのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock