年上男性をキュンとさせる「あけおめLINE」9パターン


年明けに受け取る「あけおめLINE」には、年賀状とは一味違う嬉しさがあります。ここで上手に気持ちをアピールすることができれば、年始からライバルに差をつけられるはずなので、ひとつ頑張りたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性へのアンケート調査を参考に、「年上男性をキュンとさせる『あけおめLINE』」をご紹介します。

  • 【1】「誰よりも先に言いたくて」と年明けの瞬間に届けるLINE

    「ただの年賀LINEじゃなく、特別なメッセージみたいな気がする」(20代男性)など、「あなたが最初」の部分を強調することで、男性をドキッとさせるパターンです。メッセージに信ぴょう性が出るように、午前0時ちょうどか、その少し前に送るようにしたいところです。

  • 【2】「先輩へ」という書き出しから始まるかしこまったLINE

    「『あけおめ』は見飽きてるから、手紙っぽいちょっと改まった雰囲気の文章だと『なになに?』って引き込まれます」(20代男性)など、手紙っぽいかしこまった文面を意識すると、ほかの女性と差をつけることができそうです。ただし、人生相談など深刻な内容だとお正月気分を盛り下げてしまうので、中身は吟味したほうがいいでしょう。

  • 【3】賑やかなスタンプで「あけましておめでとう」と書かれたLINE

    「女の子っぽいし、自分のためにスタンプを選び抜いてくれた感じが嬉しい」(10代男性)など、カラフルなスタンプに女の子らしいかわいさを感じる男性は多いようです。文章にも、さりげなく赤やピンクのハートの絵文字を入れ込むと、年上男性をキュンとさせることができるでしょう。

  • 【4】「今年もいっぱい遊んでください」というお願いLINE

    「そんなお願いされたら、すぐに誘いたくなる(笑)」(10代男性)というように、年下の女性からの「お願い」に喜ぶ男性は多いようです。少しくらいテンションが高い文面にしたほうが、気持ちが伝わりやすいかもしれません。

  • 【5】「昨年はありがとうございました」というお礼LINE

    「年始から去年のお礼が言えて、きちんとした子だなと思う」(20代男性)というように、ここで「礼儀正しい子アピール」をしておいて、損はないようです。「真面目すぎる」と思われないよう、「今年も迷惑かけちゃいます☆」などとお茶目な面も出すといいでしょう。

  • 【6】「休み中に飲みに行きましょう」などのお誘いLINE

    「年下の子から誘われると、本気感が伝わる」(20代男性)など、年下の女性からの積極的なお誘いメールは、男性に強いインパクトを与えるようです。「いつか」でなく「休み中」と指定するのも、本気であることが伝わる重要なポイントになるでしょう。

  • 【7】「また会社(学校)で会いましょう」といった、休み明けが楽しみになるLINE

    「LINEの最後に休み明けのことを言われると、休みが終わるのもイヤじゃなくなる」(10代男性)など、「また会いましょう」というフレーズには、男性の憂鬱な気持ちを吹き飛ばす効果があるようです。お正月休み中に会う機会がない場合は、必ず文末に書き添えるようにしましょう。

  • 【8】「初詣中!」などの画像を添えたLINE

    「お正月の雰囲気を共有できるのがいい」(10代男性)など、その場で起きていることを画像で送ると、ライブ感が伝わって男性を興奮させるようです。自信があるなら、着物姿の一枚を送って、普段とは違う一面をアピールしたいところです。

  • 【9】「そっちから来てくれるのを待ってるんだけど…」とデートの誘いをせがむLINE

    「そんなにストレートに言われたら、誘うしかないでしょ(笑)」(20代男性)というように、「誘ってほしい」気持ちを前面に押し出して、揺さぶりをかけるパターンです。絵文字などは使わずあえてシンプルにしたほうが、真剣味が伝わるかもしれません。

ほかにも「こんな『あけおめ』LINEで胸キュンさせる」というテクに心当たりがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock