正月休み中、好きな人に「会いたい気持ち」を伝えるLINE8パターン


年末年始の休暇中、気になる男性に会えなくて、恋心を持て余す女性は少なくないでしょう。悶々と悩むくらいなら、いっそ思い切って連絡を取ってみるのもアリかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者の皆さんの声を参考に、「正月休み中、好きな人に『会いたい気持ち』を伝えるLINE」をご紹介します!

  • 【1】「あけましておめでとう」と、新年のあいさつを中心に堂々と連絡する

    「用事もないのに連絡するのはハードルが高いけど、お正月は『あけおめ』を口実にすればいい(笑)」(20代女性)というように、年始のあいさつを大義名分にLINEを送るパターンです。「あけましておめでとう」だけでは、そこでやり取りが終わってしまうので、「〇〇くんの今年の目標は?」などと、何らかの回答を得られそうな質問を投げてみましょう。

  • 【2】「実家の巨大猫」など、インパクトのある画像を送る

    「体重が8キロもある実家の猫の写真を送ったら、『でかっ!』と食いついてきました」(20代女性)というように、視覚に訴えて相手のリアクションを引き出す手もあります。それをきっかけに、「〇〇くんは、何か動物を飼ったことある?」などと話題を広げてしまいましょう。

  • 【3】「お正月って意外と暇だよね。何してる?」と近況をうかがう

    「お正月に『超多忙!』って人は少ないはずなので、『今何してる?』みたいな内容なら、返事がもらえそう」(20代女性)というように、近況うかがいのLINEを送る人は多いようです。「暇そうなら飲みに誘う」(20代女性)など、次の展開にも結び付けたいところです。

  • 【4】「暇だよー!」と、会えなくて退屈なことをアピールする

    「『お正月って退屈!』から始まって、最後は『早くあなたと仕事したいです』と締める文面で好きだという想いをにじませる」(20代女性)など、オブラートに包みながら「会えなくてさびしい」とアピールするワザもあります。ただし、ある程度親しい仲になってからでないと、相手に「重い」と思われてしまうかもしれません。

  • 【5】「テレビ番組の感想」など、誰でも乗れそうな話題を振る

    「年末年始のテレビは、みんな似たり寄ったりのものを観ているはず」(20代女性)というように、もともと共通の話題が少ない相手でも、テレビ番組のネタならやり取りが成立しそうです。「好きな芸人とか笑いのツボが結構似てた」(10代女性)など、嬉しい共通項を探したいところです。

  • 【6】「お土産買ったから渡すね!」と次に会う口実を作る

    「『バターサンド買ったよ。いつ渡そうか?』みたいな感じで、会う約束を取り付ける」(20代女性)というように、旅先や帰省先に滞在している場合は、土産物を渡すことを口実に「会いたい」と切り出すのもアリでしょう。相手が好きそうなものを選ぶためにも、ぬかりなく事前リサーチしておきたいものです。

  • 【7】「よかったら、一緒にどう?」と思い切って初詣に誘ってみる

    「『初詣行った?わたしはまだなんだけど、一緒にどうかな?』と誘ってみる」(20代女性)など、脈がありそうなら、積極的に攻めてみるのもよさそうです。「ただのデートと違って、『初詣』なら誘いやすい」(20代女性)という意見もあるので、思い切って勝負に出てみてもいいでしょう。

  • 【8】ストレートに「会いたいよ」と伝える

    「遠まわしは苦手なので、『会いたいよ』ってはっきり書いちゃいます」(10代女性)など、直球で気持ちをぶつけてしまう女性は意外と多いようです。「お正月は暇にしている人が多いので、『○日空いてる?』と具体的にアポを入れてしまったほうが早い」(20代女性)というように、さっさと話を進めてしまうのが合理的かもしれません。

参考になりそうなLINEの内容はありましたか?相手の男性のタイプによって、ほかにもさまざまなLINEの送り方が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock