恋愛対象外だった女友達に対して、男性が「ドキッ」とする瞬間9パターン


長らく友人関係だった男女が付き合うこともあるように、男性が女友達の知らない一面を見て、女性として意識してしまうことがあるようです。そこで今回は、スゴレンの男性読者の意見を参考に、男性が女友達に対して「ドキッ」とする瞬間をご紹介します。

  • 【1】メガネをやめてコンタクトにしたとき

    「ベタだけど、本当に野暮ったい感じが抜けてかわいくなった友達がいました。」(20代男性)など、学園ドラマのようなシチュエーションです。目元の印象を変えるだけで実際に男性の心をつかんでしまうことはあるようです。

  • 【2】気合いを入れてメイクした顔を見たとき

    「デートに行くためにバッチリメイクした女友達を見て嫉妬したことがあります。」(20代男性)など、友達に普段見せない女性の一面をアピールするなら、やはりメイクは効果的なようです。時にはシッカリと気合いを入れてメイクをして、男友達を翻弄してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】ロングヘアをバッサリ切るなど、髪型をガラッと変えたとき

    「長かった髪を切った姿を見ると、女性としての内面を意識してしまう。」(30代男性)など、髪型の変化も女性らしさを男性に意識させる大きなきっかけになるようです。新しい髪型に見とれる男性に対して、すかさず感想を聞いたりすれば、不意の質問に男性はドキッとしてしまうでしょう。

  • 【4】いつもはまとめている髪をおろしたとき

    ちょっとした髪型の違いでも、男性は敏感に変化を感じとるようです。特に普段まとめている髪をおろすことは、「長いロングヘアになった友人を見てハッとした。」(20代男性)といったように、女性としてのアピール度が高いでしょう。

  • 【5】パーティーなどで、大人っぽくドレスアップしたとき

    「友人の結婚式の2次会でドレスアップした女友達を見た時はドキッとしました。」(30代男性)など、普段とは違う華やかな装いは、付き合いの長い男友達に対しても強い印象を与えるようです。

  • 【6】ナース服にカーディガンなど、普段見ることがない仕事着姿を見たとき

    「ランチの約束をした女友達が、職場から制服姿で現れた時、『いい!』と思った。」(20代男性)など、仕事着は一種のコスプレとして、男性の見方を変えるきっかけになるようです。また、職場の制服姿を写メールで送るのも有効でしょう。

  • 【7】遊園地などで、子供っぽくはしゃいでいる姿を見たとき

    「一緒に遊園地に行った時、ジェットコースターにはしゃいだり、お化け屋敷で泣きそうになったりする友達がかわいく見えた。」(10代男性)など、普段では見れない子供っぽい素直な一面が、男性にとってはかわいく映るようです。

  • 【8】友人らで遊びに行った帰り道、安らかな寝顔を見たとき

    「仲間内で遊びに行った帰り、熟睡する女友達の寝顔にドキッとした。」(20代男性)など、ちょっとした油断を感じさせる瞬間が、男性にはかわいく見えるようです。ただし、寝顔がひどくて男性をがっかりさせるリスクもあるので注意が必要です。

  • 【9】電話で親や地元の友人と方言で話しているとき

    「女友達が聞いたことのない砕けた博多弁で親と電話する姿にドキッとした。」(30代男性)など、聞き慣れない方言によって、男友達に新しい刺激を与えるようです。また、地元の方言を使うことで、普段とは違ったキャラクターを感じさせることもできるでしょう。

他にも男性が女友達を意識してしまう瞬間はあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock