片思い中の男性が「素直になっていない自分」に気づく瞬間9パターン


片思い中の男性は、好きな相手に対して意地を張ったり、照れ隠しから本心とは裏腹な行動をとってしまう事もあるのではないでしょうか。では、「俺って素直じゃないよな…」と心の本音が漏れるのは、どんな時なのでしょうか。スゴレンの男性読者に聞いてみました。

  • 【1】目が合ってもすぐにそらしたり、意地でも目を合わせようとしないとき

    多くの男性が、自分の視線が気づかれることを恐れているようです。「嫌われている?」と思うかもしれませんが、「好意がバレないように反射的にそらしてしまう」(20代男性)という意見もあるので、目を合わせてくれなくてもショックを受ける必要はないでしょう。

  • 【2】好きなのにわざと無視したり、冷たい態度をとってしまうとき

    「恋したら何歳になっても中学生と同じで成長してない」(30代男性)と、多くの男性は自分の言動を反省しているので、無視されたからといって責めたり怒るのは禁物です。愛情の裏返しだと思って広い心で受け止めましょう。

  • 【3】二人っきりになれるシチュエーションなのに、あえて避けてしまうとき

    「トークで盛り上げることが苦手なので、相手に楽しんでもらえるか不安」(20代男性)など、二人きりというプレッシャーが男性を消極的にさせているようです。こんな時は女性の方からさりげなく接していく気遣いをみせるとよいでしょう。

  • 【4】イイ男だと思われたいが為に、カッコつけたり、見栄を張ってしまうとき

    「自分の恋愛経験の豊富さをアピールすることで、早く付き合わないと損だと思わせたい」(20代男性)など、男性の自慢話は、その人に良く思われたいという心理の表れなのかもしれません。武勇伝を披露されてもひとまずは聞いてあげるとよいでしょう。

  • 【5】「この子以外にも素敵な女の子はいる」と思い込み、あまり好きでもない他の女性にヤケクソでアプローチするとき

    他に意識を向ける事で一時的に気を紛らわしているだけかもしれません。自分がヤケクソの対象にされていないかなど、大胆すぎる突然のアプローチには注意が必要です。

  • 【6】口説けるか否か悩んだ末に、傷つくのを恐れて自らその気持ちを封印しようとするとき

    「押しても落とせないと思ったら、引き際のタイミングを考え始める」(30代男性)など、プライドが邪魔をしてしまうという意見も。そこで口説くよりも失敗して傷ついてしまうことを恐れる男性も多いようです。

  • 【7】本当は連絡をとりたいのに、電話やメールのやりとりを我慢しているとき

    メールの返信をわざと遅くするのは、がっついていると思われたくないからのようです。テンポよくメールを返せない相手ほど、もしかしたら気があるのかもしれません。

  • 【8】他の男性を勧めるような発言をするなど、他の男性との恋を応援しているかのような態度をとってしまうとき

    「あとで、本当に付き合ったらどうしよう…と自己嫌悪に陥る」(20代男性)というように、必ずしも本心で言っている訳ではないと理解しておきましょう。ただし、真剣な目で応援されたら本気で他の人を勧めている可能性が高いと言えるでしょう。

  • 【9】「〇〇君が彼氏だったらいいのにな」などと言われ、リアクションできなかったとき

    積極的な発言によって戸惑ってしまい、自分の気持ちを素直に言葉にできない男性もいるようです。ときには、もっと積極的な発言で男性の気持ちを聞き出すことも必要でしょう。

こんな男性の姿に親近感を覚えた女性も少なくないのではないでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock