「今年のクリスマスは一人かも」をアピールするLINE9パターン


今年のクリスマスは一人で過ごすことになりそう…。その可能性が濃厚になっても、諦めるのはまだ早いかもしれません。誰かに誘ってもらいたければ、まずは「何も予定がないこと」のアピールを頑張っておきたいところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女性へのアンケート調査を参考に、「『今年のクリスマスは一人かも』をアピールするLINE」をご紹介します。

  • 【1】「この時期、なんだか寂しくなる(笑)」

    「クリスマスというキーワードを使わないのがコツです」(20代女性)というように、季節を理由に寂しさをアピールすると、重いニュアンスにはならずに済むでしょう。相手が気軽に返信できるよう、冗談っぽい口調にしておくとよさそうです。

  • 【2】「ツリーも飾らないで終わりそう…」

    「クリスマスらしいイベントとは無縁であることをほのめかします」(20代女性)など、一人寂しくこの時期を迎えていることをほのめかすのもありでしょう。「クリスマスツリー」というキーワードがあるので、「だったら俺と飾っちゃう?」などと誘いの言葉を引き出せるかもしれません。

  • 【3】「街中キレイでテンションあがるね!」

    「『もうすぐクリスマスだからね。ところで予定は決まってる?』という返信を期待してます(笑)」(20代女性)など、クリスマスならではのネタふりをして、相手の出方を待つ人もいます。そこで「そうだね」と流されてしまうようなら、脈なしと判断して、次に行ったほうがよさそうです。

  • 【4】「イルミネーションを見に行きたいけど、一人じゃ変だよね?」

    「『一人じゃ変だよね?』と聞けば返信がくるはず」(10代女性)というように、カップルだらけの場所に一人で行こうか迷っていると伝えれば、「一緒に行こう」と誘ってもらえるかもしれません。カップルでにぎわっている場所を引き合いに出すといいでしょう。

  • 【5】「友達はみんな相手してくれないんだ…」

    「とにかく一人ぼっちをアピールします」(30代女性)というように、寂しさ満点の文面で、男心をくすぐるのもよさそうです。「誰も遊んでくれなくて…」などと言葉を重ねて同情を誘いましょう。

  • 【6】「年末なのにヒマだよぉ…」

    「『クリスマスなのにヒマ』って言うより、言いやすい」(20代女性)など、「年末」と言葉をぼかしながら、クリスマスに予定がないことをほのめかすのもありでしょう。空いていることがはっきり伝わるので、男性もデートに誘いやすくなりそうです。

  • 【7】「24日バイトいれよっかなぁ…」

    「『予定なし』と素直に言うのはキツいので…」(10代女性)など、クリスマスに予定がなく、ヤケになっている心情を吐き出す人もいます。その状況が不本意であることがにじみ出るので、「今が誘いどきだ」と伝わりやすくなりそうです。

  • 【8】「今年もまた深夜のクリスマス特番をみることになりそう」

    「クリスマス定番の番組名を出して寂しさをアピール(笑)」(20代女性)というように、「わびしいクリスマスの夜」を連想させるキーワードで気を引く手もあります。誰もが知っている有名な番組名であれば、男性もピンとくるでしょう。

  • 【9】クリスマスは何する予定?」

    「ストレートに聞いちゃうのが一番」(20代女性)というように、直球で予定を聞いて、「もしそちらも一人ならデートしよう」と意思表示してしまうのが手っ取り早いかもしれません。ウジウジ悩むのが嫌なら、勇気を出して行動に移しましょう。

このほかにもクリスマスの予定がないことをアピールするのに効果的なLINEがあれば教えてください。ご意見をお待ちしています。(外山武史)
Photo:All images by iStock