「尽くしてくれる女性だ!」と男性が確信する瞬間9パターン


多くの男性は気配り上手な女性に癒しを感じるもの。自分に尽くしてくれる女性を好意的に捉える人も多いようです。そこで今回は、アンケートを参考に「『尽くしてくれる女性だ!』と男性が確信する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】咳をして「大丈夫?」と心配されたとき

    「風邪気味のときなど、心も体も弱っているときは優しい言葉が染みます」(20代男性)というように、小さな体調不良も見逃さない心配りが「尽くす女アピール」につながるようです。「お大事にね」など一言添えると、さらに効果的でしょう。

  • 【2】合コンなどで料理を取り分ける姿を見たとき

    「面倒な取り分け係を買って出る子は、尽くすタイプ決定!」(20代男性)など、人のために働く姿が「尽くすタイプ」イメージにつながるよう。ただ、合コンの場でやり過ぎると「男性からよく見られたい人」にも思われかねません。下心を感じ取られないよう、さりげなく行いましょう。

  • 【3】ボタンが取れかけていることに気づいたとき

    「『ボタン、取れかけてるよ』と教えられると、女の子らしいなと思う」(10代男性)というように、女性らしい心遣いに男性はハッとするようです。ボタンを付けてあげると、不器用な男性からはさらに喜ばれるでしょう。

  • 【4】他人の分まで靴を揃えてから、座敷に上がるとき

    「自分の分だけじゃなく、他人の脱いだ靴も揃えてから座敷に上がる子。これは絶対尽くすタイプ!」(20代男性)など、分け隔てない気遣いにグッとくる男性多数! 食事に行ったときや合コンなどで自然にアピールしてはいかがでしょうか。

  • 【5】デート後すぐにお礼メールをするなど、メールがマメだったとき

    「すぐにメールの返事がきたり、デートの帰り道でメールがきたりすると、尽くすタイプなんじゃないかと思います」(10代男性)というように、「マメな女性=尽くすタイプ」と捉える男性は多いよう。デート中の会話を振り返るような内容で「話を聞いていた」アピールもするといいでしょう。

  • 【6】ランチに手製のお弁当を用意していたとき

    「手作りのお弁当は時間がかかるもの。わざわざ作ってくる子は『尽くすタイプ』」(20代男性)というように、手間のかかるお弁当作りをマメにこなすことで「尽くすタイプ」と思われるようです。料理上手な面もアピールできるので、一石二鳥だと言えるでしょう。

  • 【7】職場など共有スペースの掃除なども進んでしていたとき

    「共有スペースの掃除をしてくれる子は絶対に尽くすタイプ。けなげな姿にキュン!」(20代男性)というように、みんなが面倒臭がる仕事を自分から進んでこなすことで、好感度が上がるよう。「嫌々やらされている」感を出さないところがポイントかもしれません。

  • 【8】飲み物をこぼした人にサッとティッシュを差し出したとき

    「何かこぼしたときティッシュを貸してくれると嬉しい。ハンカチだけじゃなくティッシュを持ってるのも高ポイント」(10代男性)と、気遣いに「やられる」男性は多いよう。日ごろからティッシュを持っている準備の良さもアピールポイントになるようです。

  • 【9】写真を撮るタイミングで自分から撮影側に名乗り出たとき

    「集合写真を撮るとき『私、撮るよ』と名乗り出る子。控えめなところがいい!」(10代男性)というように、進んで裏方に回ろうとする姿勢が「尽くすタイプ」だと思われるよう。「上手に撮れるようにカメラの練習をしている」などと言うと、さらに喜ばれるでしょう。

ほかにも「こんな行動が尽くす女性と思われる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんからのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock