男性がすぐに返信したくなるLINEの特徴8パターン


気になる男性に、ドキドキしながらLINEを送信!でも、なかなか返事が来ない…。そんな切ない経験をしたことはありませんか?そこで今回は、『スゴレン』読者の男性たちに聞いた「すぐに返信したくなるLINEの特徴」をまとめてご紹介!男性に送るLINE作成の参考にしていただければと思います。

  • 【1】「もう仕事終わったかな?」など、現在の状況をたずねる内容のLINE

    「深く考えなくても答えられるから」(10代男性)、「ヒマならさっと返信できる」(10代男性)など、「いま何をしているのかをたずねるLINE」なら、気楽に応じられることから即レスする男性が多いようです。「『タイミングが合えば会いたい』という意図かも」(20代男性)と一歩踏み込んだ期待をしたり、「『いま○○してるよ』と伝え合うのって、つながっている感じがしてうれしい」(10代男性)など、シンプルに喜びを感じるという意見もありました。

  • 【2】「この前の話の続きだけど…」など、以前話した内容を覚えていて、そのおしゃべりの延長のようなLINE

    「自分としゃべったのが楽しくて、もっと話したいのかなあと思うから」(10代男性)、「盛り上がりが持続している感じにときめく」(20代男性)など、以前の会話の延長のようなやりとりは、男性をわくわくさせる効果があるようです。「話した内容を覚えているのは、ちゃんと聞いていた証拠」(20代男性)、「興味のない話なら、わざわざ続けようとしないはず」(20代男性)というように、相手の真剣さを感じ取り、早めの返信につながる場合もあります。

  • 【3】「あなたならきっとわかると思って」など、自分の得意分野に関する相談LINE

    「自分の仕事はIT関係。インターネットやパソコンについて、女の子からしょっちゅう質問されるが、悪い気はしない」(20代男性)、「『○○の件だけど、あなたならわかるよね?』というLINEには、できる限り親切に答えなくてはと思います」(20代男性)など、得意分野に関する相談には、なるべく迅速に対応するという意見です。「女の子から頼られて、うれしくない男はいない」(20代男性)というのが、多くの男性の本音だと思われます。

  • 【4】「この前、咳してたみたいだけど、大丈夫?」など、体調を心配してくれるLINE

    「『寒いけど風邪ひいてない?』とか、さりげなく気遣う文面にはドキッとする」(20代男性)、「具合が悪いと伝えてなくても『咳してたみたいだけど大丈夫?』みたいなLINEがくると『気付いてたのか』と感激」(20代男性)など、体調を心配する言葉に、ハートをわしづかみにされるケースです。「せっかくのまごころには、きちんと応えないと悪い」(30代男性)というように、まじめなタイプの男性にはストレートに響くことが多そうです。

  • 【5】「あなただから話せるけど」と、人には言えない悩みごとを打ち明けるLINE

    「『ちょっと愚痴ってもいいかな?○○くんだから話せるけど…』という相談LINEなら、いくらでも聞いてあげたくなる」(20代男性)など、「人には言えない悩み」を打ち明けられることで、特別に信用されていると感じるパターンです。「自分だけに話してくれた問題だからこそ、力になってあげたいと思う」(20代男性)というように、「選ばれた」と意識することで、返信に力の入る男性は少なくなさそうです。

  • 【6】「眠れない」「さびしい」など、弱っている気持ちをさらけ出すようなLINE

    「『眠れなくて…。まだ起きてた?』みたいなLINEは気になるコからだとニヤニヤしてしまう」(20代男性)など、話し相手を求めて送られてきたようなLINEに、心を躍らせた体験談が多く寄せられました。ただし「『さびしい』とか『凹んでる』って気を引きたいわけ?」(20代男性)という見方をされることがあるので、友達以上の感情のない男性に対しては、気を付けたほうがいいでしょう。

  • 【7】「好きな人っている?」など、「自分に気があるのかもしれない」と感じさせる質問LINE

    「『好きな人いる?』なんて確認されたらドギマギします」(20代男性)、「『年上はダメ?』って誘ってるの?」(10代男性)など、異性として意識しているのが明白な問いかけには、さすがに好意を汲み取る男性が多いようです。「とりあえず『気になるコはいるよ』と返す」(20代男性)という男性がいる一方で、「どう答えていいのかわからない」(20代男性)と困惑させてしまっては気の毒なので、相手によっては聞くのを控えたほうが無難でしょう。

  • 【8】「急で悪いんだけど、今夜会えるかな?」など、具体的な誘いのLINE

    「突然のお誘いLINEは、『偶然おれもヒマで』みたいなタイミングが重要」(20代男性)と、「会いたい」という連絡をチャンスだと考える男性は多く、なかには「その時間がNGでも、代わりの日時をすぐ提案します」(20代男性)など、マメな対応をする人もいます。しかし「気の進まない女性には、気付かなかったふりをしてあとで返信」(20代男性)というように、脈がない場合はどうにもならないこともあるので、肝に銘じておきましょう。

参考になりそうなものはありましたか?男性のタイプによって、ほかにもさまざまな「返信したくなるポイント」があるかと思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock