「彼氏ができる予感がしない…」と実感する瞬間9パターン


彼氏がいないだけならまだしも、新しい彼氏ができる予感もしないという女性もいらっしゃると思います。ただ、ひょっとしたらそれはただの思い込みに過ぎないかもしれません。今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに「彼氏ができる予感がしない…」と実感してしまう瞬間を教えていただき、必要以上にマイナス思考になっていないかを考えてみました。

  • 【1】街を歩く男性と目が合うことが少なくなったとき

    街中で男性の視線を感じなくなったとき、自分の外見に対して自信をなくしてしまう人がいるようです。そこであきらめず、外出前に気合いを入れてメイクをするようにすれば、男性の視線を取り戻せるかもしれません。

  • 【2】メールの受信履歴に、男性の名前がなくなったとき

    「男性からのメールが少なくなってさみしい。」(20代女性)のようにメールが少なくなったことを悲しむ人もいます。男性側からすれば、リアクションが薄い女性や返信しない女性にはメールを送りにくいもの。男性からのメールにこまめに返信すれば、メールのやりとりが増えるかもしれません。

  • 【3】初対面の男性からメルアドを聞かれなかったとき

    連絡先を聞かれなかったときに落ち込む人もいます。ただし、当然ながら、連絡先を聞かれないままでは、新しい恋をつかむことは難しいでしょう。気になる男性には自分から連絡先を聞くくらいの勇気を持ちたいものです。

  • 【4】男性から食事に誘われなくなったとき

    「食事はデートのきっかけなのに…。」(20代女性)のように、食事の誘いがなくなると彼氏ができる気がしないと感じる人もいます。そこで落ち込むのではなく、自分から食事に誘うなどの積極的な行動が新しい恋を引き寄せるのかもしれません。

  • 【5】初対面の男性に話しかけられる機会が減っていることに気付いたとき

    男性に話しかけられる機会が減ったのは、ひょっとしたら話しかけにくい雰囲気を作ってしまっているからかもしれません。常に笑顔でいるなど親しみやすさを感じさせれば、男性も声をかけやすくなるでしょう。

  • 【6】飲み会や食事会のあと、誰も送ろうとしてくれなかったとき

    「昔は送ってくれて当たり前だったのに…。」(30代女性)のように、男性に送ってもらえないことを気にする人もいます。気になる男性には、自分から「送って」とお願いするくらい積極的な行動をとれば、二人の距離を縮めることができるでしょう。

  • 【7】新しい服や髪型にしたのに、誰も反応してくれなかったとき

    「男性から見られていないのかな…と思う。」(20代女性)のように、自分の変化に気付いてもらえないことを悲しむ人もいます。そもそも髪型や服装の変化に気付き、それを指摘する男性は少ないので、自分から感想を聞いてみる必要があるかもしれません。

  • 【8】男性から「誰かカワイイ子、紹介して!」と言われたとき

    「私は付き合う対象から外れたのね…。」(20代女性)のように恋愛対象外にされているなぁと感じる人もいるようです。ただ、そこで落ち込まず、合コンをセッティングするなどすれば新しい出会いを期待できるかもしれません。

  • 【9】「彼氏いるの?」と聞かれることが少なくなったとき

    「彼氏いるの?」と聞かれないのは、恋人がいる落ちついた女性だと男性に見られているからかもしれません。彼氏がいないことをそれとなくアピールすれば男性の反応が変わってくるでしょう。

今回ご紹介したなかに、みなさんにも思い当たる項目はありましたか? また他にはどんな瞬間に「彼氏ができる予感がしない…」と実感するのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock