好きな人の前で別の女性と楽しそうにする男性の本音9パターン

926 200x200

男女混合の飲み会などで、好きな女性が目の前にいるにもかかわらず、別の女性に楽しそうに話しかける男性もいるようです。女性にはわかりづらいその心理とは? 今回はスゴレン男性読者への調査結果を参考に、「好きな人の前で別の女性と楽しそうにする男性の本音9パターン」をご紹介します。

  • 【1】明るくて楽しいキャラをアピールしたいから

    「本当は地味キャラだけど、暗いイメージになりたくないので、無理して女子とハシャいでしまう」(10代男性)など、目いっぱいの「キャラ作り」をして、話しやすいタイプの女友達と盛り上がる男性もいるようです。好きな人の前だからこそ、頑張ってしまうのかもしれません。

  • 【2】女性に人気がある男だと思ってほしいから

    「俺と一緒に居たら楽しく過ごせそうと思ってほしい」(20代男性)など、遠まわしな魅力のアピールとして、多くの女性に囲まれている姿を見せつけたがるパターンです。男性的な行動ですが、女性には理解しづらい感覚といえそうです。

  • 【3】好きな人にヤキモチを焼いてほしいから

    「ちょっとモテ風を装って、相手の嫉妬心を刺激したい」(20代男性)という意見のように、意中の女性へ揺さぶりをかけるために、別の女性と楽しげに振るまうパターンです。「ちょっとしたイタズラ(笑)」(10代男性)など、気まぐれなタイプに多いかもしれません。

  • 【4】好きな人に特別な好意を悟られたくないから

    「気持ちを知られるのが怖い。でも、相手に話しかけてもらえたら天国!」(20代男性)など、自分の本音を悟らせないために、あえて好きな人を避けるパターンです。女性からのアクションを待っている、構ってほしいタイプの男性に多いといえそうです。

  • 【5】好きな人に直接話しかけるのが恥ずかしいから

    「まず周辺の女友達と話を盛り上げてから、本命の女性に話しかけたい」(10代男性)など、「将を射んと欲すればまず馬を射よ」的なパターンです。ダイレクトに好きな女性に話しかけるよりも、友人を味方につけてから、という心理が働いているようです。

  • 【6】好きな人の反応を探りたいから

    「自分に興味を持っているかどうか、相手の反応で見定めたい」(30代男性)など、好きな女性の反応を観察するために、確信犯的に別の女性と盛り上がるパターンです。自分の魅力に自信がある男性にありがちな行動といえそうです。

  • 【7】好きな人の前だと舞い上がってしまうから

    「相手が近くにいるだけでテンションが上がりすぎて、挙動不審になってしまう」(10代男性)など、好きな人が目の前にいることで舞い上がり、見境なく喋りまくってしまうパターンです。あまり恋愛慣れしていない、奥手な男性に多いケースのようです。

  • 【8】遠まわしに自分のことを知ってほしいから

    「好きな人にも聞こえるような大声で話して、間接的に自分を知ってほしい」(10代男性)など、本命の女性とあまり親しくない間柄のときに、遠まわしに自分をアピールしているパターンです。少しでも相手の印象に残ろうとする、けなげな努力なのかもしれません。

  • 【9】場の雰囲気を冷めさせたくないから

    「好きな相手の近くにベッタリいると、周囲から冷たい目で見られそう」(20代男性)というように、全体の雰囲気を考えて、あえて好きな女性以外の人たちとばかり喋ってしまうパターンです。気を使うタイプの男性に多い傾向といえそうです。

不可解な男性の行動には、好きな女性との距離感がうまく取れない悩みが潜んでいるのかもしれません。ほかにも「好きな人の前で女友達と楽しそうにする男性」のパターンがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)

スポンサードサイト

理想の結婚相手を探す

facebook