男性が「恋のはじまり」を感じるLINE9パターン


LINEで告白をする人も多い昨今、恋のはじまりを予感させるのもまた、LINEであることが多いようです。そこで今回は、『スゴレン』読者の独身男性へのアンケートを参考に「男性が『恋のはじまり』を感じるLINE」をご紹介します。

  • 【1】返信がものすごく早い

    「すぐに返事があると、僕のリアクションを待ってる姿が想像できてうれしい」(10代男性)というように、「返信の早さ=LINEへの関心の高さ」と感じる男性が多いようです。意中の男性への返信は早め早めを心がけましょう。

  • 【2】本文にハートマークの絵文字が入っている

    「ベタだけど、ピンクのハートマークには力があります(笑)」(20代男性)など、ハートマークは「好意のしるし」としてストレートに男性の心に届くようです。特にピンクや赤のハートマーク、動くタイプのハートマークだと、恋を予感させるのではないでしょうか。

  • 【3】「おやすみ」「おはよう」LINEが毎日来る

    「一日の最初と最後にLINEのやり取りをする相手はちょっと特別」(20代男性)というように、「おはよう」「おやすみ」LINEは、ほかのメッセージより重みがあるようです。忙しくて日中やりとりできなかった日こそ、「おやすみ」LINEを送ってみてはどうでしょうか。

  • 【4】「今何してる?」と、LINEのたびに状況を確認する

    「『何してる?』と聞かれると、自分の生活に興味があるのかなと思う」(20代男性)というように、自分への「興味=好意」と受け取る男性が多いようです。ただし、あまり頻繁に確認すると、監視されていると感じる男性も。確認はほどほどを心がけましょう。

  • 【5】毎日何十往復もLINEのやり取りをする

    「LINEが長く続くとワクワクします」(20代男性)など、話が盛り上がると同時にテンションも上がる男性が多いようです。「○○くんとLINEしてると楽しい」などと改めて言うことで、さらに気分を良くしてあげたいものです。

  • 【6】「今度の休みは何するの?」と、女の子から会いたそうなLINEが来る

    「会いたそうだけど『会いたい』と直接言わないあたりがいい(笑)」(10代男性)など、もどかしさも含めて思わせぶりなLINEは男性ウケがいいようです。「今度の休み、何も予定がないんだよね」とほのめかすのも、同じような効果があるかもしれません。

  • 【7】電話を切ったあともLINEのやりとりが続く

    「電話を切ったあと『さっきの話…』とLINEが続くとドキドキする」(10代男性)など、電話でもまだしゃべり足りないところに、恋のはじまりを予感するようです。話すことがなくても「おやすみ」LINEだけはするといいでしょう。

  • 【8】LINEでは、名前やあだ名で呼ばれる

    「直接会うときと違う名前で呼ばれるとドキッとする」(20代男性)というように、普段は名字なのにLINEのときだけ名前で呼ばれたり、あだ名で呼ばれたりすると、距離が縮まったように感じる男性が多いようです。思い切って呼び捨てにしてみてもいいかもしれません。

  • 【9】「寝れなくて」など、深夜にLINEが来る

    「夜中にLINEが来ると頼られてる気がする」(20代男性)など、深夜のLINEのやり取りに特別な意味合いを読み取る男性は少なくありません。ただし、迷惑になる場合もあるので、「ごくたまに」が基本。「遅くにごめんね」などの気遣いも忘れないようにしましょう。

他愛無いLINEのやり取りが、恋のきっかけになることもあるようです。ほかにはどんなものが考えられるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock