彼氏が「彼女の話の聞き方」に不満を感じる瞬間9パターン


「円滑な会話」は恋人同士の恋愛感情を長続きさせる大切なポイントですが、緊張感が薄れてくると、女性の話の聞き方に対して男性が不満を感じるケースが増えるようです。今回は、スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「彼氏が『彼女の話の聞き方』に不満を感じる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】興味がない話題を露骨に受け流すとき

    「返事が『ふーん』ばかりになって、内容にコメントなし。聞く気ないのがバレバレ」(20代男性)など、「話を聞いているフリ」で男性を怒らせるパターンです。興味のない話題でも、まずは真面目に聞いてみる心がけが大切といえそうです。

  • 【2】話の最中に「はぁ」と退屈そうなため息をつくとき

    「真面目な話をしているときのため息は、話を続ける気力もなくなる」(20代男性)など、「ため息」はワザとでなくとも相手にネガティブな印象を与えます。疲れているときなどは、そのことを彼氏に伝えて、重い話題は避けてもらう方がよさそうです。

  • 【3】「それよりさぁ」と強引に割り込んで自分の話をはじめるとき

    「せめて最後まで喋らせて欲しい。俺の話が終わったら、そっちのも聞くから」(20代男性)など、相手の話を最後まで聞かない態度は、「自分勝手な女性だ」と思われる原因のひとつです。会話はキャッチボールだと心得て、相手のペースも尊重しましょう。

  • 【4】真剣な話をしているのに、友人からの電話に出るとき

    「真面目な話の最中に、女友達からの電話に軽く出られると呆れる」(10代男性)など、真剣なムードで会話している際に他愛のない電話に応えると、「今までの話はなんだったの?」と思われそうです。携帯電話はTPOをわきまえて使うべきでしょう。

  • 【5】ひたすら「そうなんだぁ」と同じセリフを返すとき

    「『すごーい』『そうなんだぁ』だけで会話を乗り切ろうとする」(10代男性)のように、ワンパターンの反応ばかり繰り返しても、会話は広がりません。自分なりの疑問や意見を相手に返すなど、実りある会話を心がけたいものです。

  • 【6】テレビを観ながら話を聞いてるとき

    「テレビを眺めて上の空。俺の話はそんなにつまらないか…」(20代男性)など、別のことに注意を向けていると、相手は「真剣に聞いていない」と寂しい気持ちになります。用事があるなら「話は後でね」と一言伝えた方がよいでしょう。

  • 【7】「そういう話よくわかんない」と話を理解しようとしないとき

    「自分の専門分野についてこんな反応をされると、自分の内面には興味がないんだろうと思う」(30代男性)など、男性の仕事や趣味といった「濃い話題」は難しいものですが、最初から拒絶しては信頼関係を築けません。わかる範囲で理解を示すことが必要でしょう。

  • 【8】「私のときはもっと大変だったよ」と自分の経験談に置き換えられたとき

    「正直、仕事の愚痴はただ聞いてくれるだけでいい」(30代男性)のように、仕事の愚痴などは吐き出すことで楽になるもの。無理に自分の経験を語るより、ただ聞いて共感してくれる女性に男性は安心するようです。

  • 【9】以前に話した内容をこれっぽっちも覚えていないとき

    「話題が続かなくなるので、少しは覚えておいて欲しい」(20代男性)など、長く付き合う恋人同士にとっては、「話題の継続性」が重要です。相手の立場や人間関係、日々のエピソードなどを覚えておくことで、様々な話題が広がるかもしれません。

彼氏の話を聞くうえでは、思いやりの気持ちが重要だといえそうです。ほかにも、男性から「彼女の話の聞き方に不満を感じる瞬間」を聞いたことがあればぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock