仕事の話をする男性の心をつかむ「聞き方」9パターン


多くの男性は、仕事の話をするとき生き生きするもの。そして、自分の仕事の話を楽しそうに聞いてくれる女性に対して、好感を抱くものです。そこで今回は、男性へのアンケートを参考に「仕事の話をする男性の心をつかむ『聞き方』」をご紹介します。

  • 【1】「そんなことあるの!?」など大げさなリアクションをとる。

    「コロコロ表情を変えられると、興味を持っていることが伝わります」(20代男性)というように、「リアクションの大きさ=興味の度合い」と受け取る男性が多いよう。少し大げさなリアクションを心がけると、好感度がアップするかもしれません。

  • 【2】意見を求められたら、ちゃんと自分の意見を言う。

    「たまには意見を言ってほしい。自分ばかり喋ると不安です」(20代男性)など、意見を言うことが「楽しく聞いてるよ」アピールになることもあるようです。ただし、男性の話を中断するほど頻繁に意見を言うと、「自分の話が否定された」と感じる男性もいるので気を付けましょう。

  • 【3】「応援しているよ」と最終的には励ます。

    「愚痴ってしまった後『応援してる』と言われるとホッとします」(20代男性)というように、励まされることで「話してよかった」と感じる男性は多いよう。愚痴を聞かされても「努力が足りないよ」など否定的なコメントは避けた方がよさそうです。

  • 【4】「すごい仕事してるね」と仕事内容を褒める。

    「『すごいね』と言ってもらえると素直にうれしい」(20代男性)など、大人になるとなかなか褒められる機会がないので、喜びも大きいようです。ただし、連発するとありがたみが薄れてしまいます。ここぞというときを見極めましょう。

  • 【5】長い話でも相槌を打ちながら面白そうに聞く。

    「上目づかいで相槌を打たれるとグッとくる」(20代男性)という意見もあるように、女性の相槌は男性にとってかわいらしく見えるようです。逆に、携帯や髪の毛をいじりながらの「ながら聞き」は男性から不評。印象がよくないので、避けた方がいいでしょう。

  • 【6】「話してくれてありがとう」と、彼が仕事の話をしてくれたこと自体を喜ぶ。

    「『話してくれてありがとう』と言われると、また話したくなります」(20代男性)というように、自分の話が喜ばれるのは、男性に限らず嬉しいもの。もっと話したくなる心理もわかります。また話したい男性に対して言ってみてはどうでしょうか。

  • 【7】知ったかぶりをせず、わからない部分はちゃんと聞く。

    「質問されると、興味があるんだなと思う」(20代男性)というように、わからない部分を聞き流さない姿勢が男性に良い印象を与えるようです。説明好きな男性は意外と多いもの。「説明上手!」と褒めれば、さらに喜んでくれるかもしれません。

  • 【8】「○○くんは間違ってないと思う」など、「彼の味方」であることをアピールする。

    「自分の意見に賛成してくれると、話してよかったと思います」(20代男性)というように、賛成意見を聞いて喜ぶ男性も多いよう。すべてに賛成する必要はありませんが、納得できるポイントでは「私も同じ意見だな」などと言ってあげるといいでしょう。

  • 【9】「いつも大変だね」など、仕事の苦労をねぎらう。

    「弱っているときに『大変だね』と言われると心に染みます」(20代男性)というように、仕事の苦労をねぎらう言葉はストレートに男性の心に届くよう。話の内容がネガティブになったときほど、効果的な一言かもしれません。

上手に話を聞くことができれば、ふたりの距離を縮めるきっかけにも。ほかにも「男性の心をつかむ聞き方」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock