彼氏と一緒にいられない時間を埋めるための工夫8パターン


お互いが忙しいために、彼氏となかなか会えない女性も多いのではないでしょうか。しかし、そのためにお互い遠慮し合って距離を生んでしまうこともあります。では、どのような努力が会えない二人をつなぐのでしょうか。今回は、彼氏と一緒にいられない時間を埋めるための工夫をご紹介します。

  • 【1】どんなささいなことでもメールする。

    メールを通じて、コミュニケーションを切らさない工夫です。「近況を把握するだけでも、時間を共有している気になれて安心します。」(20代女性)など、他愛のない内容でもコミュニケーションを取り続けることで、つながっている実感が得られるようです。ただし、頻繁すぎるメールは忙しい相手を疲れさせてしまうかもしれないので注意しましょう。

  • 【2】遠距離恋愛の場合は、Skypeなどのネット電話サービスを利用して長時間話す。

    ネットの無料通話サービスを活用すれば、低コストでしっかりと話し合う時間が確保できます。「声を聞くことで勇気づけられます。」(20代女性)など、会話することで安心できる女性は多いようです。また、「声のトーンを変えて『電話くれたんだ、うれしい!』と言うと、相手は喜んで毎日かけてくれます。」(30代女性)といったように、少しの工夫でマンネリに陥らない刺激が与えられるでしょう。

  • 【3】毎日、同じ時間に電話する。

    電話しやすい時間を決めて習慣化するパターンです。「都合が悪い時はお休みするとか、無理のない範囲で続けています。毎日相手の声が聞けるので忘れることはないですね。」(20代女性)など、習慣化することで自然に時間を共有できている女性もいるようです。毎日というのはあくまで原則で、お互い臨機応変に対応することが習慣化させるポイントでしょう。

  • 【4】美容や健康を目的にジムに通うなど、女を磨く。

    二人で会った時のために努力するのもひとつの手です。「会った時にビックリされるよう、女を磨いています。」(10代女性)など、チャンスが少ない分、会った時の印象を良くしたいと思う女性は多いようです。また、「彼もウォーキングを始めたので、同じ時間に歩いたり、電話で話したりしています。」(30代女性)など、共通の話題作りにつなげることもできるでしょう。

  • 【5】会った時になるべく彼氏にピッタリくっつくなど、会っている時間は思い切り甘える。

    二人で会っている時間の印象を強めようとするパターンです。「お互いの存在を強く感じられるように、なるべく体に触れています。」(30代女性)など、女性から積極的にスキンシップをはかることが大切なようです。この場合、男性が多少嫌がるくらい腕を組んだり、寄り添ったりしたほうがいいかもしれません。少し抵抗するくらいなら、男性のほうもまんざらではないと思っているでしょう。

  • 【6】少しの時間しか会えなくても、彼氏に会いに行く。

    直接会う機会を増やす努力をしている人もいるようです。「ちょっとでもお互い顔を合わせることで気持ちを高められるので。」(20代女性)など、少しでも会うことで気持ちを確かめ合えるのが狙いのようです。また、二人で会うために時間をやりくりして努力する姿は、男性の心を打つ効果もあると言えます。

  • 【7】同じ境遇の友達を見つけ、その仲間で遊ぶ。

    寂しさを他のことで紛らわすケースです。「同じ境遇の友達だと、グチっぽい話でもお互い共感しながら語り合える。」(20代女性)など、寂しさを感じる時間を減らす方向に行動を起こす女性もいるようです。ただし、普通の友達にあまりグチっぽい相談をしすぎると、友達が遊びに付き合ってくれなくなる恐れもあるので注意が必要です。

  • 【8】ブログに日々のできごとをまとめるなど、彼氏に自分のことが分かる環境を整えておく。

    時間に縛られずにお互いの近況が確認できるようにウェブサービスを利用するパターンです。「ブログなら好きな時間に見られるし、コメントを書き込むこともできる。」(20代女性)など、ウェブサービスを上手に活用する女性もいるようです。ただし、他人に見られる可能性があるので、掲載する情報については慎重に判断する必要があるでしょう。

日常に取り入れられそうな工夫はあったでしょうか。遠距離恋愛などで彼氏と会えない方は是非参考にしてみてください。また、他にもなかなか彼氏と会えないときの工夫などあるのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock